神秘と世界遺産の国エチオピア。

東京から直線で10,253kmの彼方にあるアフリカの雄。

かつて一度もヨーロッパの植民地になったことがない

アフリア唯一の国にして、汎アフリカ主義の中心地。

 

2017年秋、HEAVENESEは、国際交流基金の援助をうけ、外務省後援による「民間外交」の使命を果たすべく

エチオピアツアーを敢行した。

 

 

エチオピアは、今上天皇が皇太子だった頃、美智子様とのハネムーンで訪れた地だ。

それほど、この国は日本にとって特別だった。

古代イスラエルの賢者ソロモン王の血を引く、3000年の歴史を誇る世界最古の皇室をいただくアフリカのライオンと、それに次ぐ2600年の長きにわたる万世一系の皇室を誇る極東の桜。

 

 

かつて両国の皇室同士が持っていた友好の橋を再びかけ直し、

さらなる発展のための扉を開けること。

これが、我々が胸に刻んだ渡航の目的だった。

About